2016年10月1日受け付け分より、以下の通りサービス料金を改定(値下げ)しましたのでご報告いたします。

 

料金改定の理由

2016年9月後半に国土交通省の申請の手引きが変更になり、飛行マニュアルの簡略化などの一部書類作成の軽減が可能になったため、料金を値下げしました。

書類作成の簡略化により、DJI社などの一部のドローンに関しては現行の価格から1万円値引きとなります。

ただし、DJI社以外などの未認可機に関しましては書類作成および国土交通省との調整は以前通りの難易度ですのでお値引はせずに据え置きとさせていただきます。

行政書士 前場亮事務所はドローン規制の制度発足時より多数の許可申請を扱っており、業界をリードする経験と実績を誇るものと自負しております。

今回の料金改定により、お客様方へはさらに利用しやすいサービスとなるものと考えております。

今まで通りの的確な法的アドバイスに加えて確実な許可取得のサービスを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、2016年10月1日以前にお申込みいただきましたお客様方へは、大変に申し訳ございませんが書類作成の軽減はありません。

そのため料金に関してはお値引前のものとなりますことをご了承いただきたくお知らせいたします。

 

料金のご説明

ドローン飛行 許可・承認(経路・時期を定めた個別申請) 24000円~
エリア・時期などを特定せずに包括申請する場合 24000円~
ドローン・飛行エリア・航路の追加 1500円~
飛行実績の報告(3か月、半年、9か月、1年) 7800円~
許可の更新(同一の条件の場合) 9800円
業務のご相談 無料

お支払いのタイミングは許可証発行後の後払いです。

業務の難易度によって追加料金がかかる場合もありますが、大体の金額のめやすはいかのとおりです。

農薬散布(市区町村レベルの包括申請)24000円

空撮・報道・自然観測など(都道府県レベルの包括申請)24000円

空撮・報道・自然観測など(九州全域・北海道全域レベルの包括申請)38000円

DJI社以外の機体での申請 +10000円~20000円

*案件によっては包括申請に応じられずに個別申請をお勧めすることもあります。

許可・承認が取得できない場合、料金は一切発生いたしません。

くわしくはこちらをご覧ください。