LINEで送る

初めての方はドローンの免許・許可ガイドをぜひお読みください。

ドローン 表紙3

ー2016年10月4日更新

2016年9月頃から国土交通省の申請の手引きが変更になりました。マイナーチェンジに伴いこちらの部分が部分的に変更になっています。

詳しくは 姉妹サイト ドローン空撮ノート”ドローン許可申請が簡略化?今までの申請書との比較を解説!”をご覧ください。

以下、更新前の記事です。

 

申請書①は「こういうひとがこういう飛行をさせたい」という概要を記載したのに対して、申請書②は飛行要件のドローンの性能要件や人的要件、統治要件を記載することになる。

許可要件

では、早速説明しよう。はっきり言えばこのページはほとんどコピペで大丈夫だ。

申請書②は、こちらからダウンロードしてください。

 

申請書②の書き方

前述のとおり申請書②は、性能要件、人的要件、統治要件を記載するのだが、実際にはこの1ページのみではとても記載しきれないため、ほとんどは”別添資料に記載”のような書き方になってしまう。

許可要件2

↑ここに関してはのちほど別添資料2という書面で説明することになる。そのたメ特に深く考えずに

・無人航空機及び操縦装置については別添資料2のとおり

と記載しよう。

許可要件4

↑ここは性能面の記載だが、別添資料3~5で説明することになる。ドローンの許可制度は基本的な基準と追加基準の2段構成なので

・基本的な基準への適合性については別添資料3~4のとおり

・追加基準への適合性については別添資料5のとおり

と記載しよう。

許可要件6

↑ここは飛行させる人的要件を記載する。誰が飛行させるのか、基本的な基準を満たしているのか、追加基準を満たしているのかを別添資料で説明することになる。

・無人航空機を飛行させようとする者の一覧については別添資料6のとおり

・基本的な基準の適合性については、自社にて、飛行マニュアルに記載した操縦訓練を実施しており、別添資料7の通り確認済み

・追加基準への適合性については、自社にて、飛行マニュアルに記載した操縦訓練を実施したうえで業務に従事しており、過去の飛行実績または訓練実績等は別添資料8のとおり

と記載しよう。この場合は”自社”となっているが、これがたとえば自宅であったり練習場であればそのように記載しよう。

許可要件5
↑ここは統治要件の記載になる。統治要件は飛行マニュアルで説明することになるので

・別添資料9の飛行マニュアルの通り

と記載しよう。

許可要件7

↑ここはドローン飛行の保険への加入未加入を記載する。

当事務所の場合、加入している場合はこちらへの記載とともにその契約書などを添付している。

ドローンの保険についてはさまざまな意見があるかもしれないが、起こりうる損害を考慮すれば当然加入するべきだし、ましてや業務で扱うのであればそのリスクヘッジをするのは当たり前だろう。

あなたがドローンの有益性・将来性を感じているのであれば、ぜひ加入しておこう。

許可要件8

↑ここはほとんどの場合、緊急時の連絡先を記載することになる。

事故発生時の緊急連絡先

○○(名前) 080-1080-○○○○

等と記載しよう。

ほとんどの場合は国土交通省とのやり取りの中で記載の指導を受けることになるのでそれに従おう。

 

申請書そのものはこの二枚だ。

次は機能・性能要件の確認書を見てみよう。

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
ドローンの許可・承認の取得は制度発足時から常に業界をリードし、実績と経験で他の事務所を圧倒する。
自身もドローンのユーザー(PHANTOM3 PROFESSIONAL)
行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご相談・ご質問・ご依頼