LINEで送る

初めての方はドローンの免許・許可ガイドをぜひお読みください。

unnamedMMXGSD2M

ドローンの許可申請をしようとおもって申請書をみると、飛行予定地の標高を記載する欄があることがわかる。

canvas
ほかの部分はなんとなく記載できそうなものだが、海抜高度をきかれてもどこで調べればいいのかが見当つかないという人も多いだろう。

ここでは、国土地理院のサイトから誰でも無料で簡単に海抜高度を調べる方法を紹介しようと思う。

ドローンの許可申請を考えている人も、単純に海抜高度に興味がある人もぜひ参考にしてほしい。

 

海抜高度を調べる

国土地理院のサイトへ飛ぶ

国土地理院は国土交通省が設置する特別の機関で、国内のすべての測量を一手に担うほか、関係機関へのアドバイスを行う。

ドローンの許可申請は国土交通省が所轄なので、その分局の資料には絶対の信頼を置いているので申請には十分に生かせるだろう。

canvas

まずは国土地理院のサイトへいこう。

そして赤枠の地理院地図をクリックして地図を開く。

canvas

すると↑のような図が表示されるので、うえの部分の検索ボックスに飛行する住所を記入して検索しよう。

canvas
ここでは当事務所のある港区西麻布2-25-20を検索してみる。

canvas
すると指定した住所が+のポイントで表示されていることがわかるだろう。

そして、この状態で下の部分に黒い上を向いたポイントがあるので、ここをクリックしよう。

canvas

すると指定した位置の経度や緯度、さらに海抜高度が表示されるので、これを参考にして申請書に記載する。

この場合は標高は24.1メートルなので、たとえばドローンが到達する高さを200メートルとすれば、

地表等からの高度は200メートル

海抜高度は224.1メートル

ということになる。

ぜひ、あなたのドローン申請に生かしてほしい。

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
ドローンの許可・承認の取得は制度発足時から常に業界をリードし、実績と経験で他の事務所を圧倒する。
自身もドローンのユーザー(PHANTOM3 PROFESSIONAL)
行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6679-2278(許認可)

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご相談・ご質問・ご依頼