LINEで送る

初めての方はドローンの免許・許可ガイドをぜひお読みください。

unnamed8AM460N9

 

ドローンは2015年の航空法改正の伴って新設された”無人航空機”に該当する。そのため航空法の規定に沿って飛行のルールだったり禁止行為が定められている。

本来は日本国民には幸福追求権と言って好きなことを好きにやっていいというスタンスなのだが、ドローンの性能は高く、使い方によっては犯罪に使われる可能性も否定できないところから規制を受けることになったのだ。

この規制の中には禁止行為と言って「これをやってはいけない」というものと「こういう風に飛行させましょう」というルールがある。前者は禁止されているので許可制としていて、後者はルールなので承認制にしてその範囲外の飛行ができるようになる。

 

今回は禁止行為の飛行の禁止空域について完全に説明しようと思う。ぜひ参考にしてほしい。

 

飛行の禁止空域

そもそも禁止って何?

禁止空域の説明をする前に、あなたはなぜ「禁止」という押しつけがましいことを国家が国民にするのか不思議に思わないだろうか?

私だったらやりたいことを国家に勝手に禁止にされたら憲法13条を盾に「好きなことやって何が悪いんだ」と言いたくなるだろう。

しかし、人間の趣味嗜好はときとして矛盾衝突するし、一定の行動規範を作らないと無秩序になってしまう。

そのためドローンに関しても「この空域は飛行させてはダメ」というルールを作り許可制にしてその統治をしようということになったのだ。

 

禁止空域①人口密集地域

まず人口が密集している地域はドローンの禁止空域になっている。

当たり前といえば当たり前だが、人口密集地域はドローンとの接触や落下したときにヒトやモノを傷つける可能性も高いし、人口密集地域はドローンの使用も多いだろうからそれを行政としては把握しなければならないので禁止としている。

001109209

では、実際にどのようにして人口密集地域を調べればいいのだろうか?

人口集中地区は、総務省のサイトで簡単に確認ができる。

 

人口密集地域の調べ方

まずは総務省統計局の地図による小地域分析のページを開こう。

canvas

最初は利用申し込みが必要だが特別な手続きは必要なく誰でも利用できる。お試し版でも十分に活用できるだろう。

最初の設定パスワードは1回きりなのであなたのパスワードをきめよう。正式にログインしたらドローンを飛行させる地域を表示する。

canvas
ここではとりあえず東京都新宿区を表示しよう。そして右上の”行政界”のプルダウンをクリックして”人口集中地域”を選択しよう。

canvas

システムはグーグルマップを採用していてとても使いやすい。

 

canvas

すると人口集中地域がピンクで表示される。ピンクの地域では許可なく飛行させてはいけないのだ。

東京都は23区は全ての地域が人口集中地域だが、それ以外の地域はこのようにまだらになることが多い。下の図は八王子市だがすべての地域が人口集中地域ではないことがわかる。
canvas

 

禁止空域②空港の近く

これもあたりまえだとは思うが、空港の付近でドローンを無秩序に飛ばされたらたまったもんじゃないだろう。飛行機の安全という面からみても、損害の大きさという面から言っても飛行は禁止になって当たり前だと思う。

国土交通省のサイトから簡単に調べることができるので事前に確認しよう。

国土交通省のサイトはこちら 

 

禁止空域③150メートル以上の空域

次に、意外かもしれないが150メートル以上の空域は一律に禁止されている。

これは地面からドローンの管理が行き届かなくなるという問題と、落下したときの損害の大きさを考慮した規制だろう。

001109730

禁止とされている空域は許可をとることで飛行できる

では、これらの禁止空域は禁止されているからと言って絶対にドローンを飛行させられないのだろうか?

確かにこれらの3つの禁止空域は禁止するに値する理由があるし、万が一不測の事態が起こればその損害は禁止空域のそれよりもはるかに大きいだろう。

しかし、だからと言って完全に禁止にしてしまうと建設的な利用やドローンの将来性をも摘みかねない。そのため許可制にして許可をとった場合はその条件の下で飛行させていいということになっているのだ。

 

ひょっとしたらあなたは新しいビジネスでドローンを飛行させたいと思っているのかもしれない。その場合に、たとえばぜひとも人口密集地域で飛行させたいと思うのは当然のことだろう。

そのような場合はしっかりと申請して許可を得て、堂々と飛行させよう。そしてさらなるドローンの将来性を拡大させてくれれば幸いだ。

 

 

 

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
ドローンの許可・承認の取得は制度発足時から常に業界をリードし、実績と経験で他の事務所を圧倒する。
自身もドローンのユーザー(PHANTOM3 PROFESSIONAL)
行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6418-1075(許認可)03-3793-3778(民事全般)

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご相談・ご質問・ご依頼