LINEで送る

初めての方はドローンの免許・許可ガイドをぜひお読みください。

unnamedY6V8Z1GA

 

ドローンの規制は商用使用を前提としている。そのため申請する会社や集団がドローンを安全に飛行させることに対していかに取り組むかという体制づくりもその要件としている。いわゆる統治要件だ。

いかに操縦者の経験や知識が優れていたとしても、一人でできることには限界がある。商用使用でさまざまな利用形態を予想した場合、会社全体で安全確保にのぞむことをその要件とするのは当然といえば当然だろう。

 

ドローン飛行の統治要件

では、さっそく安全確保のための統治要件を見てみよう。ボリュームとしては、ドローンの性能面や人的要件よりも断然多い。

 

(1)第三者に対する危害を防止するため、原則として第三者の上空で無人航空機 を飛行させないこと。
(2)飛行前に、気象(仕様上設定された飛行可能な風速等) 、機体の状況及び飛行 経路について、安全に飛行できる状態であることを確認すること。
(3)取扱説明書に記載された風速以上の突風が発生するなど、無人航空機を安全 に飛行させることができなくなるような不測の事態が発生した場合には即時に 飛行を中止すること。
(4)衝突や後方乱気流による影響等を避けるため、航空機には接近しないこと。
(5)酒精飲料等の影響により、無人航空機を正常に飛行させることができないおそれがある間は、飛行させないこと。
(6)飛行目的によりやむを得ない場合を除き、飛行の危険を生じるおそれがある区域の上空での飛行は行わないこと。
(7)不必要な低空飛行、高調音を発する飛行、急降下など、他人に迷惑を及ぼすような飛行を行わないこと。
(8)物件のつり下げ又は曳航は行わないこと。業務上の理由等によりやむを得ずこれらの行為を行う場合には、必要な安全上の措置を講じること。
(9)無人航空機の飛行の安全を確保するため、製造事業者が定める取扱説明書に従い、定期的に機体の点検・整備を行うとともに、点検・整備記録を作成する
こと。ただし、点検・整備記録の作成について、趣味目的の場合は、この限り でない。
(10) 無人航空機を飛行させる際は、 次に掲げる飛行に関する事項を記録すること。
ただし、趣味目的の場合は、この限りでない。
・飛行年月日
・無人航空機を飛行させる者の氏名
・無人航空機の名称
・飛行の概要(飛行目的及び内容)
・離陸場所及び離陸時刻
・着陸場所及び着陸時刻
・飛行時間
・無人航空機の飛行の安全に影響のあった事項(ヒヤリ・ハット等)
・無人航空機を飛行させる者の署名
(11)無人航空機の飛行による人の死傷、第三者の物件の損傷、飛行時における機 体の紛失又は航空機との衝突若しくは接近事案が発生した場合には、次に掲げる事項を速やかに、許可等を行った国土交通省航空局安全部運航安全課又は空
港事務所まで報告すること。なお、夜間等の執務時間外における報告について
は、24 時間運用されている最寄りの空港事務所に電話で連絡を行うこと。
・無人航空機の飛行に係る許可等の年月日及び番号
・無人航空機を飛行させた者の氏名
・事故等の発生した日時及び場所
・無人航空機の名称
・無人航空機の事故等の概要
・その他参考となる事項
(12)無人航空機の飛行による人の死傷、第三者の物件の損傷、飛行時における機体の紛失又は航空機との衝突若しくは接近事案の非常時の対応及び連絡体制が
あらかじめ設定されていること。
(13)飛行の際には、無人航空機を飛行させる者は許可書又は承認書の原本又は写しを携行すること。ただし、口頭により許可等を受け、まだ許可書又は承認書
の交付を受けていない場合は、この限りでない。なお、この場合であっても、
許可等を受けた飛行であるかどうかを行政機関から問われた際に許可等の年月
日及び番号を回答できるようにしておくこと。

 

これが統治要件だ。ものすごいボリュームに思えると思うが、ドローンの商用使用を前提とした場合、この程度のモラルは守られていることが多いかもしれない。

さらに、これらの統治要件をただのお願いレベルにとどめずに機能させることを担保するためにマニュアルの作成をその要件としている。

ドローンの許可申請ではマニュアルの作成と提出が求められていて、これが一番難易度が高い。しっかりと飛行内容と一致したものを作成する必要があるのだ。

 

ドローン飛行のマニュアルの記載内容

(1)無人航空機の点検・整備

無人航空機の機能及び性能に関する基準に適合した 状態を維持するため、次に掲げる事項に留意して、機体の点検・整備の方法を 記載すること。
a)機体の点検・整備の方法
・定期的又は日常的な点検・整備の項目
・点検・整備の時期 等
b)機体の点検・整備の記録の作成方法
・点検・整備記録の作成手順
・点検・整備記録の様式 等

(2)無人航空機を飛行させる者の訓練

無人航空機を飛行させる者の飛行経歴、知識及び能力を確保・維持するため、次に掲げる事項に留意して、無人航空機を飛行させる者の訓練方法等を記載すること。
a)知識及び能力を習得するための訓練方法
基本的な飛行経歴、知識及び能力並びに飛 行形態に応じた能力を習得するための訓練方法
業務のために、無人航空機を飛行させるために適切な能力を有しているかどうかを確認するための方法 等
b)能力を維持させるための方法
・日常的な訓練の内容 等
c)飛行記録(訓練も含む。 )の作成方法
・飛行記録の作成手順
・飛行記録の様式
・記録の管理方法 等
d)無人航空機を飛行させる者が遵守しなければならない事項
(3)無人航空機を飛行させる際の安全を確保するために必要な体制
次に掲げる事項に留意して、安全を確保するために必要な体制を記載するこ
と。
a)飛行前の安全確認の方法
・気象状況の確認項目及び手順
・機体の状態の確認項目及び手順 等
b)無人航空機を飛行させる際の安全管理体制
・安全飛行管理者の選定
・飛行形態に応じた補助者の役割分担及び配置数
・補助者の選定方法
・緊急時の連絡体制 等
c)無人航空機の飛行による人の死傷、第三者の物件の損傷、飛行時における
機体の紛失又は航空機との衝突若しくは接近事案といった非常時の対応及び連絡体制
・非常時の連絡体制
・最寄りの警察及び消防機関の連絡先
・報告を行う空港事務所の連絡先 等

 

これらは全くの基礎的なマニュアルの記載内容で、飛行の形態によってはさらに詳しく安全確保のための具体的な施策を求められるし、面倒くさいからと言って的外れなマニュアルを提出しても許可にはならない。

しっかりと作りこんだマニュアルを作成し、スムーズに許可を取得しよう。

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
ドローンの許可・承認の取得は制度発足時から常に業界をリードし、実績と経験で他の事務所を圧倒する。
自身もドローンのユーザー(PHANTOM3 PROFESSIONAL)
行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6679-2278(許認可)

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご相談・ご質問・ご依頼