LINEで送る

unnamedKQCSR3SE

 

ドローンを飛行させる場合、航空法で夜間の飛行をさせないことをルールに定めている。そのため無承認で夜間でドローンを飛行させた場合は航空法違反ということになる。

しかし、たとえば空中から夜間の景色を撮影したり、昼間では実現できない場合にどうしても夜間の飛行をさせたいときもあるだろう。

そのため航空法では追加基準を設けて夜間にドローンの飛行をさせる場合の要件を定めているのだ。

 

夜間飛行の追加基準

では、さっそく夜間飛行の追加基準を見てみよう。

 

(1)機体について、無人航空機の姿勢及び方向が正確に視認できるよう灯火を有し
ていること。ただし、無人航空機の飛行範囲が照明等で十分照らされている場合
は、この限りでない。
(2)無人航空機を飛行させる者について、次に掲げる基準に適合すること。
・夜間、意図した飛行経路を維持しながら無人航空機を飛行させることができる
こと。
・必要な能力を有していない場合には、無人航空機を飛行させる者又はその関係
者の管理下にあって第三者が立ち入らないよう措置された場所において、夜間
飛行の訓練を実施すること。
(3)安全を確保するために必要な体制について、次に掲げる基準に適合すること。
・日中、飛行させようとする経路及びその周辺の障害物件等を事前に確認し、適
切な飛行経路を特定すること。
・飛行経路全体を見渡せる位置に、無人航空機の飛行状況及び周囲の気象状況の
変化等を常に監視できる補助者を配置し、補助者は、無人航空機を飛行させる
者が安全に飛行させることができるよう必要な助言を行うこと。
・離着陸を予定している場所が照明の設置等により明確になっていること。

 

まとめると、

①灯火の設備を設ける

②日中に飛行させるエリアを事前に確認すること

③補助者を配置する

ことなどがポイントだ。

 

ビジネスで夜間にドローンを飛行させることもあるだろうし、動じても夜間飛行でなければならない場合もあるだろう。

その場合はここに挙げたポイントを予め準備し、申請書に十分反映させよう。

監修

行政書士として年間300件以上の許認可・民事案件の依頼を受ける。
ドローンの許可・承認の取得は制度発足時から常に業界をリードし、実績と経験で他の事務所を圧倒する。
自身もドローンのユーザー(PHANTOM3 PROFESSIONAL)
行政書士 前場亮事務所
107-0052 東京都港区赤坂9‐1‐7 赤坂レジデンシャル534
tel 03-6679-2278(許認可)

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご相談・ご質問・ご依頼