ドローン飛行の許可申請で必要な知識の全て|行政書士前場亮事務所自分でやる!ドローン許可申請

ドローンの許可・承認後の飛行実績の報告のやりかた

unnamedWCW1JFTY

ドローンの許可や承認を無事に取得できて喜んでいる人には大変に申し訳ありませんが、「これで自由にどこでも飛ばせられる」と思うのはぬか喜びというものです。

仮に包括申請と言って○○県全域とかの許可を得たとしても、「どこで、誰が何をどうやって飛ばしたのか」を国土交通省(航空局)に報告しなければなりません。

ここでは、この国土交通省への飛行実績のやり方をできる限り簡単に紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

当事務所は飛行実績の報告サポートもしております。面倒な場合や図面作成が苦手な場合はこちらをご覧ください。

 

飛行実績の報告とは?

なぜ飛行実績を報告しなければならないの?

あなた自身で許可をとった場合や行政書士に依頼して許可をとった場合でも、「簡単に取得できた」と思えるのは本当に一握りではないでしょうか?

私の事務所の場合でもまずは依頼人と調整し、国土交通省航空局と調整し、何度かやり取りをして許可を取得するのが一般的です。

もっとも、当事務所はじゃんじゃん依頼がくるので「やっとの思いで許可になった」というのは実際には少ないです。

しかし一般の方が許可申請すれば心が折れそうになりながらもようやくとれたというのが普通でしょう。

 

やっとの思いで取得したにもかかわらず、「なんで許可取得後もいちいち報告しなければならないか」と腹立たしい思いの人も少なくないと思います。

最初に教科書的な話になってしまい申し訳ありませんが、許可を取得したからと言ってどこでも飛行させてしまうことはさすがに許すことはできません。

そうなると無秩序状態になってしまい、ドローンの健全な発展をかえって阻害してしまうことになるのが目に見えています。

ドローンは国をあげてその有用性と将来性を期待されていますから、国としてはきちんと管理体制を敷いたうえで発展させていきたいと願っているのです。

そのため、許可をだしたとしてもその実態を把握するべく飛行実績の報告を義務付けているのです。

 

航空法以外の規制や所有権にも配慮しよう

もっとも、国土交通省の許可を取得しただけでは単純に航空法上のルールを守っただけなので、当然他人の敷地の上空だったり公共性の高い場所での飛行は避けましょう。

たとえば道路はみんなのものですが移動以外の目的の場合は別途”道路使用許可”という手続きが必要になります。

そのため国土交通省の許可だけでは無許可では飛ばせません。

また、公園は条例でドローンの使用を禁止されていることがほとんどで、現状ではよほどのことがない限りドローン飛行は認められません。

 

さらに、他人の土地の上空も無許可では所有権の侵害になってしまいます。

「上空なんだからいいじゃあないか」

と思われているかもしれませんが、民法207条で土地の所有権はその上下におよぶとはっきり記載があるのです。

 

また、当たり前ですが政府重要施設や発電所などの危険施設の付近、重要文化財の付近ももちろん飛行はできません。

こんなところでドローンの飛行を許してしまえば政治的、物理的な事故を引き起こしかねないのです。

「じゃあどこで飛ばせばいいんだ」

と思われるかもしれませんが、まずはこの現実を把握したうえでしっかりと飛行させる場所を検討しましょう。

 

飛行実績のサイクル

では、実際に飛行実績の報告をどうするのかを見てみましょう。

国土交通省への飛行実績のサイクルは、3か月、半年、9か月、12か月ごとになっています。

(もちろんドローンの飛行はまだ制度そのものが出来上がったばかりなので今後変更になる可能性はあります。)

 

そして、3か月ごとに飛行実績をまとめ、その1か月後までに報告することになっています。

 

記載事項は?

では、DIPSを使って実際に報告のやり方を見てみましょう。

DIPSサイトにログインをしてください。

ログインまではこちらをご参考ください→

canvas

赤枠をみると、

飛行実績の報告(電子申請)

飛行実績の報告(電子申請以外)

とありますが、これは許可を取得したのがDIPSかそうでないかの違いです。

DIPSで取得した許可については電子申請を、それ以前の紙ベースで許可を取得した場合は電子申請以外をクリックしてください。

ただし、どちらもその後の記載内容はどちらもほぼ変わりありません。

canvas

まず、↑DIPSで許可を取得した場合の画面です(電子申請の場合)。

赤枠の中を記載して許可番号を選択するだけです。

canvas

↑これが電子申請以外の画面です。

電子申請の場合は許可番号を選択するだけでしたが、電子申請以外は許可承認番号、許可承認日、期間、報告先を選択することになります。

これ以外は変わりありません。

 

以下、2018年4月以前の報告形式です。

DIPSで飛行実績をする方はこちらでジャンプしてください。

 

では、実際に飛行実績を作るにあたってどのような記載事項があるのかを見てみましょう。

飛行実績は、許可申請の際に飛行マニュアルに記載してある内容をそのまま記載することになります。

そのため、

・年月日

・飛行させた人の氏名

・飛行概要

・離陸場所

・離陸時刻

・着陸場所

・着陸時刻

・飛行時間

・今までの総飛行時間

これにくわえて何らかのトラブルや備考があればそれを記載することになります。

 

飛行実績を記載してみよう

ワード形式の飛行実績はこちらのページからダウンロードしてください(国土交通省ホームページに飛びます)。

PDF形式はこちら↓

報告様式

別紙1

では、実際に飛行実績の様式を見てみましょう。

飛行実績3-001

様式はこのようになっていて、特に難しいところはありません。

必ず許可証を確認し、あやふやな記載をするのはやめましょう。

国土交通省の記載事例は↓を参考にしてください。

広告

canvas

別紙の記載

ここまでが入力できましたら、次に実際に資料を添付して送信します。canvas

赤枠の飛行の日時のところに↓の表を添付し、飛行場所の地図を作成して添付します。

ここは面倒かもしれませんが、すべての事項をもれなく記入します。

エクセル形式の飛行記録はこちらをご利用ください。飛行実績3

飛行概要に関しては

・マニュアルに基づく飛行練習

・○○現場での空中から全体像撮影

・○○で農薬散布

・○○で報道撮影

等と記載してください。

念のため、国土交通省の記載事例は↓を参考にしてください。

canvas

 

図面については、少し難しいかもしれません。

ここは国土交通省に記載のものにできる限り近い例を使って説明します。

canvas

国土地理院の地理院地図を使って、拡大図と詳細図を切り抜き飛行させたエリアをマークします。

左上の赤枠の中に住所を入れて、エリアを表示させましょう。

すると広域図が表示されます。切り取って飛行させるエリアを赤枠で囲んでください。

canvas

つぎに、地理院地図の左下の+-のポイントで+をマックスにして詳細図を表示させます。

なんどか+をクリックすると+が半透明になり、これ以上は拡大できなくなります。

canvas詳細図を表示させたら実際に飛行させるエリアをマークします。

canvas広域図と詳細図を一つのページにまとめれば完成です。

実際にはPDFにしてそれをひとまとめにする、というところまでは必要でしょう。

 

念のため、国土交通省の記載事例は↓です。

canvas

 

国土交通省に報告する

canvas

これらを添付して、最後に「報告する」をクリックすると報告は完了です。

以下、DIPS以前のメールでの報告のやり方です。

もっとも、DIPSでログインをすればDIPS以前の許可も報告できますので、事実上少しずつ機能しなくなるやり方ととらえていいかもしれません。

そのため参考程度にとらえてください。

まとめにジャンプします→

 

【DIPS以前のやり方です】

国土交通省は、「郵送かメールで」とパソコンに疎い人にも郵送での方法を受け付けています。

しかしほぼ100%間違いなく心の中では

「もし修正する箇所が出てきたら面倒だからメールで報告してほしい」

と考えていると、私は予測しています。

 

実際に郵送で報告するとなると、なぐり書きのようなものやなんて書いてあるのかわからないようなものもあるでしょう。

そうなるとまた返送したりいちいち指導するのにはうんざりしている(はずだ)と思います。

そのため、できればパソコンでまとめ、PDFにひとまとめにしてメールで送信するのがもっとも国土交通省の思うにかなっていると考るのが無難です。

 

提出先

2017年4月1日に国土交通省本庁から東京航空局と大阪航空局に審査機関が移行しました。

飛行実績の報告は、

それまでの国土交通省本庁(大臣許可)の場合は国土交通省本庁

東京航空局長の許可の場合は東京航空局

大阪航空局長の許可の場合は大阪航空局

になります。

 

メールでの報告は

国土交通省本庁の場合は

hqt-mujinki.jisseki@ml.mlit.go.jp

 

東京航空局の場合は
cab-emujin-jisseki@mlit.go.jp
大阪航空局の場合は
cab-wmujin-jisseki@mlit.go.jp
がアドレスです。

 

なお、できれば丁寧に

国土交通省 航空局 安全部 運航安全課 無人機飛行実績担当者様(宛先を書く)

お世話になっております。無人航空機の飛行許可を取得した○○と申します。

期限になりましたので飛行実績を添付いたします。ご確認をよろしくお願いいたします。

くらいのメッセージとともに、実績をまとめたものを添付しましょう。

 

人によっては「なんてへりくだった言い回しなんだ」と思うかもしれません。

しかし国土交通省の担当官も人間なので、いくらなんだって何のメッセージもないのにデータだけ送られてもいい気はしないでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?まとめると、

・許可や承認を得た場合は飛行実績を報告しなければならない(特に包括許可)

・報告のサイクルは許可を得た日から3か月後、6か月後、9か月後、1年後の3か月おき。

・報告の期限は3か月ごとにまとめてその1か月後まで

・報告はDIPSがベスト(というか唯一)

 

になります。

現状、「飛行実績の報告がないから次の許可はダメ」という措置は聞いたことがありません。

しかしいつまた大きな事故が起こって規制が厳しくなることも予測できます。

そうなると飛行実績の有無が今後の飛行許可に影響も出てくる可能性も否定できません。

しっかりと記載して報告しましょう。

↓”いいね”をお願いします!↓

ドローン許可申請のご依頼は
行政書士 前場亮事務所へ。
03‐6679‐2278
(10:00~20:00)
もしくはメールから24時間
日本全国対応。
すぐに申請書を作成します。
全国包括 DJI社 24000円(税抜き)
催し物上空の飛行 DJI社24000円(税抜き)
そのほか、レア機体、難しい場所での飛行
DJI社以外の機体の申請
農薬散布
ドローンビジネスのコンサルタント
などのあらゆる業務に対応します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

ご相談・ご質問・ご依頼